読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep dive たつのおとしご

Imagination means nothing without doing.

『“成功する人”は、どこで人間関係を切るのか』の超抜粋

会員登録しない状態で読める範囲で書いています。

 

元記事こちら↓

 

president.jp

 

人間関係を構築するうえで、成功者とそうでない人はどこがどう違うのか。

 

 

 

仕事ができる人より心地いい人が選ばれる

成功者が付き合う人間を決める基準となるのは、「仕事ができるか」「この人といて自分の得になるか」という部分ではありません。

彼らにとっての最重要事項は「一緒にいて心地いいか」という感覚的な部分。雰囲気やバックボーン、価値観が自分と似ているか、共通言語、共通体験を持っているかということが何より大切なのです。

 

彼らの人間関係に対する感覚は非常にドライです。「一度付き合ったら一生付き合う」と決めているからこそ、初対面で「この人との関係は一生ものか」を厳正に審査しているのです。

トップに「雑談の達人」が多いのは、自分も相手から審査されるということを感じているからなのでしょう。

 

彼らが感覚的な部分を重視するのは、価値観が同じなら少しの説明で考えを理解してもらうことができるし、大筋さえ共有すればあとは任せても安心できるから。

 

人間関係の入り口は非常にドライでも、一度コミュニティに参加してしまえば非常にウエット。

トップオブトップは、自分の「人を見る目」を信じています。だからこそ、第一印象でふるい落とされることのないよう、その場にふさわしいマナーを身につけ、魅力的な人柄をアピールするための雑談力を身につける必要があります。

 

ビジネスで成功したいと考えるなら、まずはトップに惚れこまれる人物になること。